サプリメントで薄毛に効く栄養素を補給しよう!

2020年06月03日
鏡を見ている男性

薄毛や抜け毛を防ぐには、育毛を助ける栄養素を取り入れなければいけません。最近では薄毛対策や育毛効果を目指したサプリメントが多数販売されており、利用する方も増えています。いずれも頭皮環境を健やかに保つミネラルやビタミン、ハーブ由来の育毛成分などを配合しており、継続的に服用することで効果を期待できます。スキンケアにサプリメントを用いるように、薄毛対策にもサプリメントを利用しましょう。

発毛パワーを高めてくれるビタミンAを含んだサプリメントであれば、薄毛対策効果を期待できます。ビタミンAは皮膚と粘膜を健康に保つ働きを持っており、不足すると乾燥肌や目の乾燥、風邪を引きやすくなるなどに加えて、抜け毛が増えることがあります。特にビタミンAの代謝物質であるレチノイン酸は、遺伝子の発現や調整、さらには毛髪に欠かせない細胞の増殖と分化にも関係していることが分かっているため、これらを含むサプリメントを摂取すると効果的な薄毛対策を目指せます。

ビタミンB7とも呼ばれているビオチンは、育毛に欠かせないアミノ酸代謝に関係する酵素を助ける働きがあるため、ぜひ摂取したい成分です。人の腸内にはビオチンを産生する腸内細菌が存在するため、欠乏することはほとんどありません。ただし、動物性脂肪やブドウ糖の多い食習慣が続くことで腸内バランスが崩れてしまうと、ビオチンの産生に影響を与えます。また、卵白の成分であるアビジンは、ビオチンと結合して体外に排出されるため、卵かけご飯を好む方はビオチン不足になる可能性があります。

ビタミンB群に含まれているパントテン酸は、エネルギーを産生する酵素を助ける働きを持つだけでなく、ホルモン合成にも大きな役割を果たしています。AGAの原因であるホルモンの分泌にも関与しており、皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれます。薄毛対策に求められる育毛を助ける成分でもあることから、サプリメントなどで摂取してほしい成分と言えるでしょう。

薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の抑制を期待できるのが、イソフラボンです。DHTは男性ホルモンの一種であるため、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンを積極的に摂取することで薄毛予防が可能になります。大豆や豆腐、豆乳などに豊富に含まれていますが、サプリメントなら簡単に摂取できるため、薄毛を加速させる男性ホルモンの抑制を期待できます。

抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEも有効ですが、中でもアスタキサンチンをおすすめします。アスタキサンチンはビタミンEの約1000倍、ビタミンCの約6000倍もの抗酸化作用があると言われており、数ある抗酸化成分の中でもダントツに優れています。カニやエビなどの甲殻類の甲羅の赤い部分を構成している成分であるため、摂取するのが難しくなっています。市販されているサプリメントで効率的に摂取すれば、DHTに対抗できる強力な抗酸化作用を期待できます。