AGA治療でハゲを諦めずに改善させられます!

2020年04月13日
薬を飲む男性

市販育毛剤を用いているのに、生え際の後退や頭頂部が薄くなるのを止められないという方も多くなっています。その場合はAGA治療をおすすめします。もうダメだと諦めがちな生え際の後退や、頭頂部が薄くなるといった典型的なAGAの症状を改善できます。年々進化を遂げているAGA治療を受けることでコンプレックスを解消し、豊かな人生を送れるようになったという方も増えています。

AGA治療は、皮膚科クリニックで受けることができます。薄毛や脱毛の症状や原因に基づいた様々な施術が行われており、個々人に合わせた治療を受けられます。AGA治療には大きく別けて脱毛を予防するものと発毛を促す施術の2つがあり、治療方法としては頭皮に直接塗布する外用薬と服用した内部からAGA治療する内服薬、さらに皮下に注射する3種類があります。効果が最も高いのが皮下注射で、次に内服薬、最後に外用薬となります。

それらに配合されているのが、有効成分です。第1類医薬品に多く含まれている有効成分ミノキシジルに加えて、フィナステリドやデュタステリド、塩化カルプロニウムなどがあり、いずれも直接的に働きかける作用をもつため劇的な改善も期待できます。

有効成分の特徴についても説明しておきましょう。市販育毛剤にも配合されているミノキシジルは、毛髪の成長を促進する効果が知られているため、発毛や育毛を目指す方に処方されています。また、同様の効果を期待できるのが塩化カルプロニウムです。脱毛や薄毛予防に効果を発揮するのがフィナステリドであり、さらに強力なのがデュタステリドです。いずれも男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを生成する5α還元酵素と、テストステロンの結合を阻害します。

AGA治療を利用するメリットは、効果が芳しくないと感じたときは別の治療薬を利用できることです。例えばミノキシジルで効果がなかったときに塩化カルプロニウムに変更したり、この他にもフィナステリドやデュタステリドなどに変更したりすることもできます。そして、治療方法の変更も可能になっています。外用薬で効果を感じない場合は内服薬に変更する、さらに皮下注射なども追加できます。薄毛や脱毛の症状や原因に基づいて一人一人に合った最適な治療方法を選択できます。

AGA治療のできる多くの皮膚科では、育毛に欠かせない生活のためのアドバイスもしてくれます。例えば頭皮の血行を良くするといった基本的なことだけでなく、育毛に影響を及ぼす成長ホルモンの分泌を促す生活スタイルなどです。頭皮環境を整えるシャンプーや毛根細胞の栄養になるサプリメントなどがセットになっていることも多いです。

AGA治療の効果を実感できるのは、おおよそ3~4ヶ月かかります。根気強く服用したり月1度の通院を続けると、抜け毛が減ったり産毛が生えてくるようになります。この期間を迎えても効果を感じない場合は、皮下注射や別の治療薬を利用するなどの方法が採用されています。また副作用としては、顔がむくんだり、頭皮が痒くなったり、頭痛やめまいなどの症状を感じますが、いずれも比較的軽いです。ただし耐えられないと感じた場合は、医師に相談するようにしてください。